WEBライティングで1本30万円稼ぐ方法(ワークライフバランスって大事)

こんにちは。WEBライターのNikkiです。

カルロスから「俺ばっか書いて、Nikkiサボりすぎ」と割と真面目に怒られたので、書きます。
Shuichi先生はニヤニヤしてましたが。

今回はズバリ!1本の記事で30万円稼ぐ方法です。

WEBライターへの転職や独立を考えてる人にとっては、得する情報です。

怪しいですか?怪しいですよね。
「WEBクリエイターはやめとけ」って言ってるくせに、矛盾してますよね。

なんでこんなことを言うかというと…

①低単価で苦しむWEBライターを見るのが忍びないから。
②低単価ライターが増えると、記事を安く買い叩く人が増えちゃうから。

夢と希望を持って業界に入っても、結局稼げないで脱落する人が多いから、
僕は「WEBクリエイターはやめとけ」って言ってます。

この間、憂鬱なことがあったんです。
居酒屋にて…

先輩「もう俺ライターやめるわ…稼げねえし。再就職する。」

って相談されたんです。

僕が言うのもなんですが、その先輩の文章ってめっちゃ面白いんですよ。
正直、僕は個性や経験では先輩に勝てない。

僕の周りでもWEBライターを廃業する人って、本当に多いんですよね。
僕よりよっぽど文書が上手いし、仕事を愛しているのにです。

でも、現実は僕程度のライターの方が仕事を続けることができている。
なぜかというと、僕が”お金と生きがいを両立したい”と強く思っているから、
そして1本30万円でも楽々受注できる経験とノウハウがあるからです。

この記事では、WEBライターがなぜ低単価の仕事ばかりやってしまうか、
そして1本あたりの記事単価を上げる方法をご紹介します。

WEBライターが低単価地獄に巻き込まれる理由

僕のスクールに来てくれるWEBライター達に「ぶっちゃけ1記事あたり、いくらもらいたいの?」
って聞くと

・文字単価10円くらいあれば…
・文字単価を下げても、年契約欲しいなぁ。

ですって。面白いくらいみんな同じことを言うんです。謙虚すぎませんか?

こういうWEBライターが多い背景には、
WEBライターという職業の特徴があります。

①色んな業種や人に会える喜び
②0から1を産み出す快感、自分を表現する達成感
③時間の自由

などのメリットがある分「稼ぎは多少少なくてもね…」とか言って、クライアントに媚びちゃう人がめっちゃ多いんですよ。(Nikki調べ)

一方で、ガッツリ稼ぎたいって人は、アフィリエイトで自分の記事を書いたり、安い単価でライターを雇ったりします。
※アフィリエイトについては過去記事参照

アフィリエイトの手法として、あまり好ましくないことをされている方が多いので、
僕は積極的にしませんが…

正直に言います。

僕はお金が大好きですし、欲しくてたまらない。
妻と子供を養いたいし、いい思いをさせてあげたい。
生きるためだけに、自分の体や精神を酷使したくない

かといって、法に触れてまで稼ぎたくないし、
尊敬できない人たちと同じ場所で仕事もしたくない。

楽しみながら、お金も欲しいんです。
聞く人が聞いたら「このワガママ野郎」って言われると思いますが。

でもこれが本音です。
これを守るために、僕の中で仕事の条件を決めました。

①1本あたりの納品金額が高い
②法律に触れず、モラルを守る
③クライアントに喜ばれる
④リピートされる(年契約や、配信後の改善費用もいただける)
⑤徹夜するくらいのしんどい仕事ではない(楽しければ徹夜でもいいんですが)

もちろん人によって、仕事に求める条件って違うと思いますが、僕はこの条件を守ることで、楽しく仕事ができています。

ご紹介させていただきますね。

 

WEBライターが1本あたり30万円稼ぐ方法

結論から言いますと…

①クライアントの儲けと、あなたの貢献度を計算し、自分で金額を決めること
②クライアントに”30万円でもお買い得だな”と思っていただくこと
③「1本30万円以下では受注しませんよ」と宣言しておくこと

これに尽きます。

「おいおい!精神論かよ!」と思うかもしれませんが

もうちょっと我慢して聞いてください。
損することはないと思います。

①クライアントの儲けとあなたの貢献度を計算し、自分で金額を決めること

企業に属していたり、委託契約をしているWEBライターは、
1本あたりの金額が決まってたり、記事制作費が固定費の中に含まれることがほとんどだと思います。

一方で僕の場合は、独立しているので誰に決められるでもなく”自分で金額”を決められます。

大事なことなのでもう一度言います。

自分で金額を決められる”んです。

クライアントはあなたの記事から、あなたに払う金額よりも多く儲けようと思うから発注するわけです。

例えば、あなたの記事から100万円の売上が上がるとします(結構すごいことです。)
それなのに、あなたがもらう金額はたったの5万円。
これって勿体無くないですか?

だから、クライアントの背景を読んで、自分の記事が産み出す金額を計算することが大切だと思います。
もちろん、あなたの記事単体でクライアントの利益が出るケースばかりではありません。
クライアント側のオペレーションや、その時の運に左右されるので。

きちんと自分の記事のクオリティを棚卸して、クライアントに貢献できると思えば、正当な金額をいただくべきだと思います。
遠慮や謙遜をする必要なんて全くないんです。

②クライアントに”30万円でもお買い得だな”と思っていただくこと

さっきの話とも繋がるんですが、あなたの記事は納品した時に金額が発生するのみで、
その後クライアントがどのように儲けていくのか、どのくらい儲けるのかは正直わかりません。

クライアントが500円で発注した記事が100万円になるかもしれないし、
30万円で発注した記事が、ゴミクズになる可能性もあります。

広告とはそういうものです。

だからこそ、クライアントは発注前に慎重に費用対効果を計算します。

大抵の場合、クラウドソーシングの片手間ライターに発注しても、安物買いの銭失いになることが多いので
(よくそういう相談をされます。リライトとか)

「この記事は、30万円以上の工数やクオリティである」ということがクライアントに理解されれば(またはそういう噂が立てば)

意外とすんなりと30万円でも50万円でも受注することができます。

クライアントが金額の妥当性を理解するために一番大切なのは、記事のクオリティですが、

それだけでは高額案件の受注は難しいです。

そんな時には以下の付加価値をつけてあげると、受注の確率はグッと上がります。

1.クライアントの市場についての理解と、それを踏まえた提案がある
2.分析内容と工数がどれくらいなのか、その内容が妥当かつ効率的である
3.記事以外の情報共有などで「このライターと繋がっておくと得だ」と思ってもらう

あとはコミュニケーションとか諸々ですね。
あなたなりの付加価値を見つけると、他のWEBライターとの差別化に繋がるので良いと思いますよ。

③「1本30万円以下では受注しませんよ」と宣言しておくこと

クライアントからの
「1本あたりいくらで買いてもらえますか?」というざっくりとした質問。

あなたはどう答えますか?

僕はこう答えます。

○円以下の場合、工数の関係で受注することができません。
それ以上の金額の場合で発注いただける場合は、お見積もりさせていただきます。

こう言うと、クライアントに
「自分の記事のクオリティと値段感がわかっているライターだ」
「低い単価で仕事をもらいにいく”量産型”ではないんだ」

と思ってもらえます。

だから、安く買い叩かれることはあまりありません。

足元を見られると、どこまでも安く買い叩かれます。
僕は昔、そのせいで地獄を見ました。

詳しくは以下↓

WEBライターになったきっかけ「前編」
WEBライターになったきっかけ「後編」

 

簡単な話、あなたがどのくらいの金額ならやりたいかを決めていれば、
その仕事だけ受ければいいし、交渉すればいいんです。
なめられちゃダメだし、足元を見るようなクライアントは避けた方が良いですよ。

※「そもそも誰からも発注されない」というWEBライターは、
低額でもいいので、仕事を積み重ねて実績を積む必要がありますが。
こういうサイトはいいですよ。
WEBライターだけじゃなくて、エンジニアやデザイナーっていうWEBクリエイターは特にオススメ。

===基本===

ランサーズ
↑ライティング案件を積み重ねると、クライアントからの信用度が強まりますよ。

===超オススメ===

【マスメディアン 派遣登録会】

High-Performer

===オススメ===

独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】
↑エンジニア案件からライティングの受注がありました。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

===まぁまぁオススメ===

フリーランスエンジニアの豊富な案件なら【midworks】

【東京しごとセンターヤングコーナー】

======

まとめ

僕のモットーは

”楽しく生きる”ことです。

もちろんWEBライターという仕事は楽しいですが、
貧乏になるならやめます。速攻で。

報酬をきっちりいただきながら、楽しく仕事をさせていただく。
それが増えていくと、いつの間にか自分の思い描いた人生が送れるようになると思います。

僕はまだまだですが、少なくとも納得して仕事ができています。

あなたが「報酬少なすぎ」って不満を言ったり、
「年収1000万円欲しい」って思っているなら、

「WEBライター 稼げない」とかのキーワードで検索したり、他と比較して悩む前に、
自分自身の棚卸しや、計算することをオススメしますよ。

 

Nikki 台東区下町オフィスより

※仕事依頼はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です